未経験でもWEB業界への転職するには

 

WEB業界へ転職を希望している人の中には、IT業界で働いた経験が全くない未経験者もたくさんいます。全く経験がなくても、WEB業界は求人そのものがとても多いですし、その中には未経験者歓迎の求人もたくさんあるので、経験がなくても仕事を見つけることは可能です。

 

未経験者歓迎と経験者優遇の求人で何が異なるかと言えば、やはりはっきり目に見える部分としては給料や待遇ではないでしょうか。未経験者歓迎の求人は、WEBのスクリプトやデザインに関する専門知識が全くなくても採用してもらうことができますし、働きながら必要なスキルを身につけることができます。採用する側にとっても、経験が全くないか、あっても少ないかということを前提にしているので、初日からバリバリ即戦力として働けなくても問題ありません。お給料はイマイチですが、経験がなくても採用してもらえて勉強できると考えれば、未経験者にとってはこの上なくありがたい求人と言えるのではないでしょうか。

 

一方、経験者優遇の求人は、すでにその分野で働いていた人が対象となります。働き始めた初日から即戦力として働けることを前提として採用するので、WEBに関する知識が全くないとか、ほとんどないという場合には、残念ながら経験者優遇の求人では対象外となってしまいます。経験者優遇の求人は、給料や待遇面で交渉可能なものが多く、スキルや知識のレベルによっては転職で収入アップすることも可能です。

 

未経験者がWEB業界への転職を希望する場合には、できるだけ効率的な仕事探しをするのがオススメです。例えば、ギークリーのようにIT系求人を専門に取り扱っている転職サイトなら、紹介されているお仕事は全部がIT業界のものですし、WEBのお仕事もたくさん見つけることができるでしょう。また、WEB業界の転職に精通しているプロの担当者が仕事探しをサポートしてくれるので、満足度が高い転職先を見つけやすくなります。無料で利用できるので、転職希望者はぜひ利用してみてください。

 

web業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら



未経験でのWEB業界転職するためのポイント

 

web業界への転職は、未経験者の人にもチャンスが大きいため、全国各地たくさんの人が、未経験者歓迎の求人募集を探しています。未経験者歓迎と明記されている求人募集に対しては、未経験者なら応募してもOKなのですが、応募してくるのは必ずしも未経験者だけというわけではありません。経験がある人でも応募してくることはあります。そのため、そうした激戦を勝ち抜いて自分が採用されるためには、できるだけポイントを抑えた転職活動をすることが必要不可欠なのです。

 

その一つに、面接対策があります。20代前半の人なら、社会人としての経験やスキル等はほとんど持っていないと企業側が理解しているので、あまり深いレベルでの質問はされないことが多いものです。しかし年齢を重ねるにつれて、質問の内容が深くなる傾向にあるため、現在勤めている企業と転職を希望している企業との違いや共通点などについて、自分なりにリサーチした上で応募することがとても大切になるのです。面接の際にどんな質問をされてもきちんと自分の意見を述べられることは、年齢を重ねた人の転職では必要不可欠なことですし、しっかり答えることによって面接官に好印象を与え、採用につながりやすくなります。

 

また、未経験でも職務に必要となるスキルや専門知識を独学や趣味の範囲で勉強している人は、面接官に対する印象をよくすることができます。仕事としてスキルを使っているわけではないけれど、即戦力に近いスキルを持っていることが分かれば、まったくの未経験者よりも高評価されることは言うまでもありませんし、採用にも近づけるのではないでしょうか。

 

未経験者がweb業界への転職に成功するためには、待遇や収入面で妥協することも必要です。条件や待遇によって転職先を選べるのは、経験者です。未経験者は、まず自分を採用してくれる企業を探すことを優先したほうが、採用されやすくなりますね。経験を積んだ後で経験者として転職する時には、条件や待遇でお仕事を選べばよいのです。

 

web業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら