WEB業界への転職とメール対応について

 

WEB業界への転職は、基本的な仕事探しのプロセスは他の業界と変わることはありません。求人情報を見つけて応募し、面接を行ってから採用かどうかが決まります。しかしWEB業界の場合には、業界がWEBと大きく関係しているということもあり、他の業界と比べるとWEBを駆使する割合が高くなっている企業が多いようです。

 

例えば求人募集ですが、近年では他の業界でもWEBを使った求人募集が行われていて、求職者はメールや郵送などで履歴書を送るシステムになっています。WEB業界の場合には、殆どの場合は履歴書をWEB上のエントリーフォームにアップする方法が多く、メールで添付よりもさらにWEBの利用度が高い求職方法となっています。

 

また、WEB業界でも実際の面接は対面で行うことが多いのですが、企業によっては他意面ではなくWEBカメラを使って遠隔で面接をするというケースもあります。自宅のパソコンにWEBカメラがついていることが前提となりますが、WEBというテクノロジーを最大限に取り入れた新しい面接方法と言えるのではないでしょうか。

 

さらに、採用か不採用かの結果報告についても、WEB業界では電話連絡などはあまり行わないようです。ほかの業界では、企業によって不採用の場合の取り扱い方はことなり、採用された人にしか連絡をしないという企業もありますし、求職者から電話をしなければ誰にも結果を通知しないという企業などもあります。WEB業界では、一般的にそうした連絡事項はすべてメールで行っていて、電話連絡はメールでは対応しきれない場合や緊急の場合などが中心となるようです。

 

こうしたWEB業界ならではの特徴を「とても好ましい」と感じることができる人なら、この業界は時分にピッタリで相性が良いかもしれません。全国的にたくさんの求人が出されていますし、お給料や職務などは多種多様なので、自分の条件や希望に合わせて求人を絞り込みながら満足できるお仕事を探しましょう。ギークリーなどの転職サイトを活用する方法もおすすめです。

 

web業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら



WEB業界転職とメール書き方について

 

web業界への転職に関わらず、近年では以前では電話やFAXなどでやり取りしていた用事をメールで行うことが増えました。メールだからと言って作用が存在していないというわけではなく、ビジネスメールの際には社会人として恥ずかしくない作法を守ることが必要不可欠なのですが、初めての転職だとどのようにメールを書けばよいのか、その書き方が分からないという人は多いものです。メールでのやり取りを行う場合、web業界だから特別な作法が必要ということはないので、社会人として持っていなければいけない一般常識の一つとして覚えておきましょう。

 

まずメールの書き方では、件名が大切です。メールを受け取る企業側は忙しいため、重要と思われるメールから優先的に開封していきます。件名なしというのは言語道断ですが、分かりにくい件名もNGですね。できるだけシンプルに、そして内容を簡潔に伝えられる件名にしましょう。センスも問われます。

 

また、相手に初めてメールを送る場合には、まず最初に自分の名前を必ず記入しましょう。web業界への転職でも同じですね。企業間のやり取りだと、メールの内容に「お世話になります」とか「よろしくお願いします」などを盛り込みますが、転職の際にはお世話になりますというような文章は必要ありません。自分の自己紹介を簡単に行った上で、要件に入ったほうが相手にとっての負担が少なくなります。初めて企業側にメールを送る場合には、「WEBデザイナーへの応募について/山田太郎」のように件名に名前を入れる方法も良いでしょう。その場合でも、本文の最初できちんと自分の名前を名乗ることは必要です。

 

メールの長さも重要です。文章は分かりやすく簡潔にまとめる事、適当な部分で改行するなどして、読みやすいメールを作成しましょう。長文小説を読んでいるかのような長いメールは嫌がられてしまいますし、忙しい人だと読んでもらえない可能性もあるので注意した方が良いでしょう。

 

web業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら