30代未経験でもWEB業界に転職する

 

WEBに携わるお仕事は、一般的に年齢や学歴などはあまり関係なく、即戦力となるスキルや知識があれば採用されやすい業界です。しかし、未経験者となると仕事探しの際には年齢は影響してくるので、30代以降になると未経験者歓迎の求人は少なくなってしまいます。

 

未経験者の定義ですが、WEB業界で働いた経験があるかどうかという点だけでなく、求人募集で求められているスキルを使った経験があるのかどうかという点に焦点を当てるようにしましょう。例えばWEB業界で働いた経験はあるけれど、募集されている求人で求められているスキルは持っていないという場合には、残念ながらそのお仕事に応募する場合には未経験者という扱いになってしまいます。しかし、WEBデザイナーとして働いていた経験がある人が、ほかのWEBデザイナーの求人に応募するなら、それは経験者ということになるので、あえて未経験者歓迎の仕事を選ぶ必要はなく、高待遇で転職できる経験者優遇の求人を探したほうが得ということになります。

 

WEB業界では30代でも比較的転職先を探すことは難しくありません。しかし、未経験者の場合には待遇や条件などがイマイチになってしまうお仕事が多いので、仕事探しはできるだけ効率的にプロのサポートを受けながら進めるのが良いでしょう。ギークリーのようなIT業界の求人を専門に取り扱っている転職サイトを活用すれば、自分にとって満足できるお仕事を素早く見つけるサポートをしてもらうことができます。

 

仕事として働いた経験はなくても、趣味としてスキルや専門知識を持っている場合には、経験者優遇の求人募集に応募して、面接でアピールするという方法もあります。その場合には、資格を取得しておくと自分のスキルレベルを客観的にアピールしやすいのでおすすめです。また、自分で作成した作品などがある場合には、ぜひ持参して面接担当者に披露しましょう。センスやスキルが認められて採用につながるケースもあります。

 

web業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら



30代未経験のWEB業界転職は有利か

 

web業界への転職は、スキルや実力があれば、比較的年齢に関係なく転職しやすい業界と言われています。未経験の人でも比較的受け入れてくれますが、やはり年齢が高くなって未経験だと、本当に転職に成功できるのかどうか不安ですよね。web業界に関わらず、30代で転職をする人はたくさんいますが、一般的には未経験での転職については業界を問わずに20代と比べると難しくなり、30代という年齢が不利になることは多いようです。しかしweb業界に限っては、30代でも前半なら年齢が不利になることは少ない傾向にあるため、その点ではほかの業界と比べると、年齢が高くなっても転職しやすい業界であると言えるでしょう。

 

ただし、30代転職においては、まったくの未経験というよりは、一定の経験とかスキルを持っていることが前提となる企業が多いため、必ずしも30代でも20代前半と同じように転職しやすいというわけではありません。もしも仕事としてスキルがなくても、趣味など仕事ではない部分で即戦力となりそうなスキルを持っていることを面接の際に伝えることができれば、完全な未経験の人よりは採用に近づくことは言うまでもありません。

 

一方で、30代での転職はweb業界と言っても不利になると感じている人も少なからずします。それは、企業側が20代前半など若い人材を探している場合ですね。求人募集に企業側が求めている人材の年齢層が明記されていることは多いのですが、もしも上限ギリギリだったりすると、経験がないことに対してネガティブな感想を言われたり、年齢が原因で不採用になってしまうこともあるようです。完全な未経験者の場合には、年齢不問、未経験者可となっているお仕事を探すのが良いかもしれません。

 

30代でweb業界への転職を考えることは悪いことではありません。しかし、年齢的にハンデがあるという点、しかも未経験の場合には仮に採用されたとしてもハードな日々が待っているという点をしっかりと理解しておくことは、転職後に「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためには必要な覚悟なのかもしれませんね。

 

web業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら