WEB業界転職のためのスキル

 

WEBに携わる仕事と言ってもいろいろなものがあります。そして、職種やどんな分野で働くのかによって、持っていると便利なスキルやもっていなければ転職することが難しいスキルなどがあります。例えばIT業界への転職希望として大人気のWEBデザイナーは、私たちが普段使っているホームページのデザインをするお仕事で、必要なスキルはデザイン系のものだけでなくスクリプトに関するスキルも必要となります。WEBデザイナーというと、画像加工や動画の加工に関するソフトが使える人やスキルがある人が転職先として希望することが多いのですが、それだけでは即戦力にはならないため、採用には結び付きにくくなってしまいます。転職する際に持っていると便利なスキルには、PHPやパール、CGI、Javaなどのスクリプト系言語などが複数あります。

 

その他、WEBと関係するお仕事はたくさんありますが、どれもプログラムスキルが必要となります。見た目の華やかさとは異なってプログラム言語と格闘する毎日が続くお仕事なので、実際に転職した後に「こんな仕事だなんて知らなかった」とショックを受ける人が多いのですが、そうした入職後のトラブルを防ぐためには、あらかじめネットでしっかり事前リサーチをして、どんな仕事なのかを納得した上で仕事探しをすることが必要です。ギークリーのようなIT系求人を専門に取り扱っている転職サイトを活用すれば、自分が持っているスキルでどのようなWEB系お仕事に採用されるか、また自分が憧れている職種は実際にどんな仕事をするのかなどについても調べることができます。またギークリーに登録するとプロの担当者が仕事探しをサポートしてくれるので、分からない点や不安な点は質問しながら転職活動ができるというメリットも期待できます。WEBと関係するお仕事はたくさんありますし、全国各地からたくさんの求人が出されています。自分にピッタリのものを見つけるためには、あらゆる方向からアプローチするのがオススメです。

 

web業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら



WEB業界 転職に必要なスキルとは

 

web業界へ転職すると言っても、業界のどんな企業でどんな職種に就くのかによって、必要となるスキルは異なります。どんな職種でも必ず必要となるスキルには、パソコンを使えるという基本的なものはありますが、それに加えて最低でも文書作成や表計算など基本的なソフトは使いこなせることも必要でしょう。ただし、このスキルはweb業界で働くために必要というよりは、パソコンを使いこなせないようではどのような職業でもweb業界で働くことは無理といったほうが良いかもしれません。パソコンが使えることがプラスになるというわけではなくて、使えることが大前提の業界と考えましょう。

 

web業界と言っても職種は多種多様で、職種ごとにどのようなスキルが求められるかは異なります。例えばプロジェクトを管理するwebプロデューサーの場合には、クライアントと打ち合わせをしたり予算を組むなど、管理職的な立場となるため、プロジェクトマネジメントスキルとか問題解決スキル、リーダーシップや法律に関する知識なども必要となります。

 

プロジェクトにおいては現場監督的な立場となるwebディレクターの場合には、現場における一人一人のスタッフを管理する能力や問題解決能力など、必要なスキルはwebプロデューサーと大きく変わることはありません。全体的によりマイクロマネジメント的なスキルが必要なお仕事となりますね。

 

webプランナーの場合には、リーダーシップに加えてwebに関する全般的な知識が必要となりますし、デザイナーの場合にはwebを使ったデザインに関する知識や、そのためのコーディング知識も必要です。一方、プログラマーになると、HTMLやCSS、Java Scriptなどの言語を使いこなす必要がありますし、システム設計やデータベース構築などについてのスキルも必要になります。

 

漠然とweb業界で働きたいと考えていても、具体的にどんな職種につきたいのかによって必要なスキルは異なります。そのため、自分が持っているスキルを考慮して職種選びをしたり、なりたい職種がある場合には、必要なスキルを習得した上で仕事探しをするというスタンスが、転職に成功しやすい秘訣と言えるでしょう。

 

web業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら