WEB業界 転職に必要な資格

 

WEBに携わることができるお仕事はたくさんあります。IT系企業なら日常業務の中でWEBと関わることができますし、IT業界でなくても企業のWEB担当になれば、日常業務の中でホームページのメンテナンスや管理を行うことができます。IT業界以外の会社でWEBを関わる仕事をしたい場合、人事や総務などが該当する部署となりますが、IT業界でWEBと関わるお仕事をしたい場合には、具体的にどんな分野でどんな風に働きたいのかによって、持っていると便利な資格が異なります。

 

例えば、WEBを使ってマーケティングを行いたい場合には、WACAウェブ解析認定講座を受講してWEB解析氏の資格を取得することができます。初級や上級などいくつかのコースがあり、上級コースの資格対策をするとなると、受講料だけでも10万円近くかかりますが、その分業界ではかなり知名度が高い資格なので、転職したい時には有利になるのではないでしょうか。WEBアナリスト検定もおすすめです。これはWEBの基本的な知識に加えてマーケティンぐの情報分析に関する専門的な知識を学ぶことができるもので、トレンドを生かした内容になっているのが特徴です。検定に合格すれば転職の際にも有利になる資格の一つです。

 

他にも持っていると採用されやすい資格はたくさんあります。年収アップにつながる資格としては、基本情報技術者やプロジェクトマネージャーの資格などはおすすめですし、ネットワークスペシャリストの資格も人気があります。こうした資格は、転職後に働きながら勉強して取得することもできますが、すでに持っている人なら即戦力になると企業が判断してくれるので、転職の際にはとても有利になるはずです。

 

また、直接IT業界とは関係ありませんが、TOEICを持っていることも転職の際にはプラスになるようです。実際にIT業界で働く人たちの多くはTOEICを持っているので、まったく英語ができない人よりもある程度できる人の方が採用されやすいということなのかもしれませんね。また、IT業界における新技術は海外から入ってくることが多く、文献を読んで理解する作業なども日常業務の一つとなります。そうした点で、英語力があることはプラスになるのかもしれませんね。

 

web業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら



WEB業界 転職に有利な資格とは

 

web業界への転職では、学歴や年齢よりも即戦力となるスキルを持っているかどうかという点が大きく判断されます。持っているスキルを面接官にアピールするためには、客観的な形としてあらわすことが有効なわけですが、そのためには、自分が作り上げた作品を面接の際に持参するとか、転職に有利な資格を取得するなどの方法があります。具体的にどんな資格を持っていると、転職に有利となるのでしょうか?

 

ITエンジニアの場合には、基本情報誌技術者とかネットワークスペシャリスト、プロジェクトマネージャー、Oracleなどの資格があげられます。また、意外と多かったのはTOEICで、これはweb都は関係ない英語スキルを示すための指標です。TOEICの場合には合格とか不合格という結果ではなくて、試験を受けると結果はスコアという形で戻ってきます。それが、自分の語学力を表す指標となるわけですね。

 

WEBデザイナーとして転職したい場合には、webデザイン技能検定とかwebクリエイター能力認定試験、ホームページ制作能力認定試験、フォトショップクリエーター能力認定試験、アドビ認定エキスパートなどたくさんの動画や画像処理に関するスキル、そして素材を使ってwebにまとめることができるスキルなどがあげられます。ITエンジニアと比べると転職に有利となる資格は大きく異なることが分かりますね。つまりweb業界と言っても、職種によって転職に有利となる資格は違うので、まずはなりたい職種にターゲットを絞ったうえで、資格の取得を目指すことが大切です。web業界ですでに身に着けているスキルや資格があれば、それを生かした転職の方が成功する確率は高くなると言えるでしょう。

 

こうした資格は、年間に1回しか試験を行わないというものもあれば、ほぼ毎月開催しているものまで多種多様です。何回も開催されているものなら、自分に都合の良いタイミングで試験を受けることができるので、時間を見つけてぜひチャレンジしてはいかがでしょうか?

 

web業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら