WEB業界 営業職への転職

 

営業職と言えば、一見するとIT業界やWEBの分野とはあまり関係ないようなイメージがありますが、実際にはWEB業界にも営業職はあり、営業のスキルと持っている人にとっては、持っているスキルをWEB業界で活かすことができる転職先として人気があります。WEB業界の営業職へ転職するためには、持っていなければいけないスキルがいくつかあり、面接の際にはその点を重視されることになります。

 

まず1つ目は、ヒアリング能力です。これは、クライアントからヒアリングを行いながら、できるだけたくさんの情報をクライアントから収集すると同時に、クライアントの希望通りの成果物を作るために必要な情報をクリエイティブチームと共有するという作業です。

 

ただクライアントから話を聞くだけでは、具体的にどのようなイメージをクライアントが持っているの代わりませんし、自分の頭の中では理解できても、それをクリエイティブチームと共有できなければ、具体的な成果物には反映されません。ヒアリング能力はWEB業界だけに限らず、どの営業職にも求められる必要不可欠なスキルと言えるでしょう。

 

積極的に学ぼうとする姿勢や、コミュニケーション能力も営業職に求められるスキルです。営業職は営業して受注を取り付けることが仕事なので、実際にWEBやITに関する専門的な知識やスキルを持っているわけではありません。

 

しかし、WEB業界で働く場合には、クライアントの意向を具体的に商品化できるのかどうかを判断しなければいけませんし、言われたことをどこまで理解できているのかという点はとても重要です。そのため、わからないことでも積極的に学ぼうというする姿勢を持っていることは大切ですし、分からないことはどんどん質問しながらより具体的なイメージを膨らませるためのコミュニケーション能力も求められます。WEB業界の営業職へ転職したい人は、ギークリーのような転職サイトを利用しながら仕事探しをするのがオススメです。たくさんの選択肢の中から希望や条件に合わせて仕事を厳選できます。

 

web業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら



WEB業界 営業職への転職と仕事内容

 

web業界で働く人材というと、パソコンを駆使して専門的なスキルや知識がなければ働くことが難しいかなというイメージがありますが、決してそんなことはありません。もしも現在、web業界とは全く異なる業界で営業の仕事をしている人なら、持っている営業スキルを活かしてweb業界へ転職することも可能です。web業界での営業職はセールスエンジニアと呼ばれることがありますが、ネットに広告を掲載するスポンサー企業を見つけたり、顧客がweb上で自社の商品やサービスをよりうまくアピールできるような情報提供をするなどの仕事をします。営業スキルがあれば、新規顧客の獲得が期待できますけれど、仕事を取ってくるだけではなくて、顧客に対して適切なアドバイスをする事も必要なスキルとなるので、webに関する知識は最低限のレベルでも良いので持っていたほうが良いでしょう。

 

営業職に求められるスキルの中でも最も大きなものは、コミュニケーションスキルです。これがあれば、顧客と話しながらニーズを引き出すことができますし、社内でエンジニアたちとコミュニケーションをしながら、顧客のニーズをどんな風に実現できるのか、より具体的な形を作り出すことができますよね。エンジニアたちが直接営業に出ることはないため、営業職の人が顧客とエンジニアたちの橋渡しをすると考えると良いでしょう。

 

web業界の営業のお仕事には、他にもコンサルタント的な職務をこなすお仕事もあります。例えば、システムエンジニアなどのように、顧客にシステムを提案し、ニーズをヒアリングしながら社内で適切なシステムを構築する構図を描くお仕事があります。こうしたコンサルタント的な営業を行うためには、営業スキルはもちろんですが、それ以上にシステムに関する知識やスキルを持っていることも必要ですよね。webページ作成の営業でも、営業スキルに加えてwebページのデザインや機能などについて専門的な知識を持っていたほうが、職務を全うしやすいわけです。

 

web業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら