WEB業界へ転職するための志望動機

 

WEB業界への転職を希望する人の志望動機は多種多様です。多くの人は、WEBを日常的に使っていて、好きなWEBと関わる仕事がしたいという志望動機で転職を希望することが多いのですが、ただWEBが大好きというだけでは採用されるのに十分ではありません。WEBに携わる仕事と言っても職種はとても多く、WEBデザイナーなどデザインに関わる仕事をする人もいれば、WEBを利用したマーケティングをする人もいます。また、WEBにかかれている情報をまとめてどんな風に見せるのかを考える際にも、JAVAやパール、CGIなどスクリプト言語が必要になるので、そうした専門的な知識を持っていなければ、なかなか採用には結び付きにくいかもしれませんね。

 

こうしたスキルは学校で教わるわけではないので、スキルを習得する方法は、仕事を通して習得するとか、専門学校や講習に参加して習得したり、また好きな人は独学で勉強するという人もいます。面接の際には、これらの技術や知識をどこでどんな風に習得したのかという点についても質問されることが多いようです。WEBに関連するスクリプト言語やプログラミングが大好きという人なら、働き始めてからも自主的にどんどん勉強することが予想できますし、そうすることによって習得できる知識のレベルがどんどん高くなるので、採用に結び付きやすくなるのかもしれませんね。

 

志望動機は他にもあります。WEBはIT業界の中でも多くの人に親しまれている分野で、これからニーズがどんどん高くなる分野です。そのため、次世代に向けた知識やスキルを習得して仕事がしたいという人はとても多く、そうした志望動機でWEB業界への転職を希望する人もたくさんいます。

 

WEB業界への転職を希望する場合には、求人がたくさん出されているので、その中から自分のスキルレベルに合ったものを上手く絞り込むことが必要です。未経験者OKの求人も多いですが、そうしたお仕事は給料や待遇の面でイマイチなことが多く、経験者にとっては交渉次第で給料や待遇が良くなる経験者優遇の求人の方がおススメです。

 

web業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら



WEB業界への転職志望動機のコツ

 

web業界は右肩上がりに成長を続けている業界のため、全国各地にたくさんの求人募集が出されています。一つ一つの求人募集に対してたくさんの人が応募するため、web業界への転職を希望する人の中には、応募してもなかなか採用につながらないという不満を抱えている人は意外と多いかもしれませんね。web業界は未経験の人でも比較的受け入れてくれる業界なので、転職しやすいかという点では、ほかの業界と比べると転職しやすいと言えますが、たくさんの求職者の中から自分が採用されるためには、やはり採用されるためのポイントをいくつかしっかりと抑えておく必要があります。

 

その一つが、志望動機ですね。転職を考える人は必ず心の中に志望動機がありますが、必ずしも面接時に胸を張ってこたえられる志望動機というわけではないこともあるでしょう。例えば、現在の企業と同じような仕事内容で収入がアップするのなら、そちらの方が良いなと思って応募する人はいるでしょうし、現在の職場の雰囲気が悪かったり人間関係でトラブルになっているから、逃避のために応募したという人もいるかもしれません。その他には、残業代が出ないとか経営方針に賛成できないなど、ネガティブな動機で転職を考える人も多いのです。しかし、実際の面接の際には、こうしたネガティブな志望動機を述べてしまうのはNGなので、できるだけポジティブな動機を準備しておかなければいけません。

 

面接の際の志望動機は、たくさんあるweb業界の企業の中で、どうしてその企業を選んだのかという点を明確にすることが、採用につながりやすくなります。漠然と「自分のキャリアにとってプラスになるから」というものでは、一般的かつ漠然としすぎていて面接官を納得させることができないのです。面接官の注意を引くためには、ほかの会社ではなくてその会社にしかない魅力などを抑えながら志望動機を考えることが必要ですね。それが採用への近道となります。

 

面接の際にNGな志望動機も知っておきましょう。それは、ネガティブな動機ですね。転職を考えた本当の理由は、面接の際に正直に言葉にする必要はありません。例えば、「現在の所よりも給料が良いので志望しました」と言ってしまうと、「それでは、うちよりも高収入の仕事を見つけたら、また転職してしまうのですか?」と思われてしまいます。また、「人間関係が良くなかったので転職しました」というと、面接官にとっては「同僚と上手く付き合うことができない人なのかな?」と疑いたくなってしまうかもしれませんよね。

 

web業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら